解剖学:筋肉に関する記事一覧


解剖学:筋肉

上腕二頭筋はいわゆる「ちからコブ」で肘関節の屈曲、前腕の回外が主な作用。神経支配は、筋皮神経(C5,C6)に支配されています。筋肉の付着部(起始)は長頭と短頭に分かれ、それぞれ肩甲骨の関節上結節、肩甲骨の烏口突起から、橈骨粗面と前腕筋膜の上内側に放散して付着する二関節筋で強い力を発揮します。